• ※ 写真をクリックすると拡大表示されます。

狭山市 N邸

新しさの中に懐かしさが漂う「現代民家」。自然素材をふんだんに取り入れて、個室はすべて和室という今では珍しいスタイルを採用しました。総2階建てで部屋数を増やすのではなく、開放感を大切にした間取りにし、1階のLDKは天窓付きの勾配天井で実際よりも広く感じられるスケール感を創出。シンボルツリーのあるデッキの対面にある和室は、離れのような位置づけで、茶室に、客室にと趣あるしつらえです。

工法 木造軸組工法 延床面積 142.6m2
竣工年 2010年5月 設計 光設計